レジ打ちのバイト

アルバイトやパートで最も多い職種はレジ打ちの仕事だと言われています。
日頃からよく利用する店舗には全てレジスターが設置されており、何か買い物をしようと
思ったら必ずレジを通してお店の人にお金を支払ってからでないと物を受け取ることが出来ません。
だからスーパーマーケットからコンビニエンスストア、百貨店などの小売業において、
レジ打ちのバイトやパートは絶対に欠かすことが出来ない存在です。

それにレジ打ちの仕事はただバーコードをスキャンしてお客様に金額を伝えて
金銭と商品の受け取りをするだけが仕事ではないです。
お店に来ていただいたお客様に対してたった数十秒間ではありますがレジ打ちとして
最高のおもてなしをすることでお店の評判を上げることが出来るのです。
もしもどれだけ安くて品質が良い商品がたくさん取り扱っているスーパーマーケット
でも不愛想なレジ打ちの方がいらっしゃったら、お店には足が向かないと思います。

たった数十秒間だけのお客さんとのコミュニケーションを無駄にしてしまうと
お店の評判を一気に下げてしまうことになりますので、レジ打ちの仕事は接客だと
心得ておいたほうが良いです。
それとレジ打ちの仕事をしていると段々この仕事は体力仕事だと感じてきます。
実際にレジの前に立って数時間もお客様との金銭のやり取りをしていると
足腰に負担がかかってきますので、長いことレジ打ちの仕事をしたいと思うのでしたら
足腰は人並み以上に鍛え上げておいたほうが良いでしょう。

実際にレジ打ちの仕事を辞める要因としては、長時間労働による腰痛が
最も多い理由として挙げられています。
それほど体力的に応えてしまう仕事ですので、日ごろからしっかりと体力作りをしておいたほうが良いでしょう。
そしてレジ打ちの仕事で何よりも大事にしてほしいのが、商品をスキャンしないで
カゴに入れてしまったり、お釣りを間違えて渡してしまうことは絶対にやってはなりません。
どれだけ自分の担当するレジの前が長蛇の列ができていても、少しだけ冷静になって
いつも通りのペースで淡々と間違いなくこなしていってください。

レジの待ち時間が長くてお客様からお叱りの言葉を受けてしまうこともあるかも
しれないですが、その時は頭を下げていつも通りの接客を心掛けてください。
今日もどこかの小売業で高校生から主婦の方までがレジ打ちとして頑張って働いています。
きっと彼らはお客様に明日もお店に来ていただくために必死に笑顔を出してレジ打ちをしているはずです。

そう考えると何か買い物をしたときにレジ打ちを担当する人に対しての気持ちも変わってくるかもしれません。
たかがレジ打ち。されどレジ打ち。接客業という大きな括りの中で、
レジ打ちは不特定多数の人と関わるハードルの高い仕事なのかもしれませんね。
不特定多数の人と関わり、きちんと接客対応が出来るかどうかという意味で似ているのはやはり風俗の仕事ですね。
レジ打ちでもそうですが、働く苦労をわかっている大人はまだしも
エネルギーあふれる若者を相手にするときは大変なこともありますよね。
若者が集まる池袋風俗の求人情報をたくさん掲載しているサイトでは
そういった苦労を経験している女の子の生の意見も知れたりするので、
今後池袋など若者が多い街の風俗で働こうと考えている場合は先に参考にしておいた方がよさそうですね。