出す事が減った年賀状

小学校や中学校の頃は、友達に住所を聞いては、皆で年賀状を出し合っていました。

 

引っ越してしまった友達にも、年賀状だけはお互いに送り合い、唯一遠くからもコミュニケーションを取れる手段で、毎年楽しみにしていたのを覚えています。

 

高校までも、年賀状は送り合っていましたが、大学に入り、社会に出てしまえば、年賀状の数は段々と減ってしまいました。

 

今は、スマホ一個で、お正月のメールやラインを送る事ができるので、わざわざ年賀状を購入して、誰かに送ると言う事が減ってきてしまっています。

 

私は、昔から、誰かに年賀状と言う形のあるもので、送られて来た方が、感情もこもっているし、とても好きです。

 

今お互いがどうやって生活しているかなど、普段中々会えなくても年賀状を通して会話できると言うのは、とても素晴らしい事です。

 

しかし、今現在、年賀状を特に出す相手も居なく、年末は年賀状の準備が必要ありません。

 

今までは、毎年楽しみにして居たのに、もう年賀状に手を付けることは無いと考えると、少し悲しくなります。

 

もう少し、スマホだけで無く、紙一枚でコミュニケーションを取れる時が戻ると良いなと思っています。来年は、誰かに書く年賀状があると良いなと願っています。