片思いの男性に年賀状を送った

毎年、楽しみにしている年賀状。

 

今、大人になってからは、すっかり筆無精になり、送る皆さんも返事を書くのがめんどくさいのか、中々出してくれなくなりました。

 

今は、年賀状と言えば出来上がった絵に宛名はパソコンで打ち、なんとも、暖かみのない年賀状を送っていました。

 

十代のころまでは、ハガキの裏に手描きの絵を描き、色も絵の具で丁寧に塗っていました。

 

私は上手ではありませんが、テーマを決めて自分で考え、イラストを描くのが大好きなんです。

 

その年の干支よりも自分で創造したイラスト。作業した後の充実感は、今も鮮明に覚えているのです。

 

もうひとつは、自分の片思いの男性に年賀状を送ったことです。

 

好きだという気持ちを伝えられず、かといって、電話をするわけにもいかず、そういうときこそ、年賀状だなと考えぬき、実行にうつしました。好きな男性に送るというので、1ヶ月前から、構想を練ってレイアウトします。

 

そして出来上がって送り、その男性から年賀状が、送られて来ると、嬉しくてウキウキしてしまいます。

 

それだけで、恋愛に進展するわけでは、ないのだけど、貰ったというだけで、心ときめいてしまいます。

 

それから何年か送り続けたけど、さすがに今は、諦めました。彼も結婚しただろうなあ。